DSCF0517 ふたご座流星群、2014年は12月14日の夜が見ごろ!
三大流星群の1つであるふたご座流星群がやってくる。2014年に見頃となるのは12月14日の夜となりそうだ。

当日は月が出ているために観測条件はあまり良くないことがわかっているが、満月が出ているわけではないため観測自体は十分可能だと思われる。 trans ふたご座流星群、2014年は12月14日の夜が見ごろ!ふたご座流星群は、しぶんぎ座流星群とペルセウス座流星群と並んで三大流星群に数えられている。

例年、12月5日~12月20日にかけて出現し12月14日前後に極大を迎える。

2013年に極大期を迎えるのも例年通り14日だが、今年の極大を迎える時間はなんと午後3時である。

太陽が出ている時間帯に重なるため、より多くの流星群を観測したければ午後5時~6時の太陽が沈んだ直後の時間帯から観測を始めると良いだろう。 GeminiCancer1 ふたご座流星群、2014年は12月14日の夜が見ごろ! また、本格的な観測ができるのは10日からで、なんと極大日の4日も前から十分に観測ができるのだ。

三大流星群に入っているだけあって観測できる流星群も、 1時間当たりに20~30(2分~3分に1個)、多ければ60個近く観測でき、しし座流星群などのように多い時と少ない時の差が激しくないためにとても観測しやすい流星群である(純粋な流星の数だけでなく、天候に影響される場合もある)。
DSCF0517 ふたご座流星群、2014年は12月14日の夜が見ごろ!
ふたご座流星群は東の方角から昇ってくる。見かけ上はオリオン座の左上から真上に存在するため比較的見つけやすいこの星座は、長い時間沈まないことなどから流星群にはもってこいである。同時に冬場の流星群であるために比較的澄んだ空気の中で観測できる。 0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e1 ふたご座流星群、2014年は12月14日の夜が見ごろ!
画像元はコチラ

観測の際はカストルの位置が放射点のためそこを注意して観測しよう。

極稀にではあるが非常に明るい火球が観測されることもあり、これまでは地味だったふたご座流星群により一層の楽しみが増える形となった(流星痕はあまり見られない)。 gemini galaxy stars sky1 ふたご座流星群、2014年は12月14日の夜が見ごろ!
ふたご座流星群の母天体はかつて彗星だった天体(氷などの外側を覆う物質を放出しきった)である。

13日の深夜3時~4時にかけては1時間に数個の流星が肉眼で観測された

深夜2時~5時の時間帯には丁度真南に放射点があり、比較的空気が澄んでいる時間帯なので観測にはうってつけである。

14日に予想される天候は全国的に曇りや雪の場所が多く、関東地方を除く広い地域で観測困難となりそうだ。
000 telop today ふたご座流星群、2014年は12月14日の夜が見ごろ!

天体ショー

bigfoot 野生の人間。各地で目撃される獣人の正体か。
雪男の正体はホッキョクグマである可能性が高くなったように、世界各地に出現する謎の生物の正体が次々に明らかになりつつある。

そんな好奇心を刺激する謎を解明するかもしれない説として、世界中で目撃される獣人の正体は人間なのではないかというものがある。
「野生の人間。各地で目撃される獣人の正体か。」の続きを読む »

ミステリー

nano1 600 ナノ食品の可能性。食事スタイル激変の兆し。
現代人の食生活は豊かになったが、一方でカロリーや塩分や養分を余分に摂取してしまうことも多く、決して健康的な食事とは考えられていない。

しかし、多少健康に悪いとされていたとしても、目に見える影響が無ければ誘惑に負けてしまうのも人間である。

そんな現代人の食を根本から変化させる食品の研究が進められていることを知っているだろうか。
「ナノ食品の可能性。食事スタイル激変の兆し。」の続きを読む »

健康

Procambarus clarkii 環境省が侵略的外来種のリストを作成。
環境省によって侵略的外来種リストが作成されようとしている。

日本の生態系や生物多様性を保全する目的で、2020 年までに侵略的外来種とその定着経路を特定することを目標とし、最終的には外来種に対する駆除や対策の強化を目指すという。
「環境省が侵略的外来種のリストを作成。」の続きを読む »

生物


DSCF0200 月は今も活動中。地球のように動いている。空に浮かんでいる月を見ると地球との違いを感じることがある。空に浮かんでいる月を見ると地球との違いを感じることがある。

太陽の光を反射して黄色く光るその姿はとても美しいのだが、実際の月は地球のように青くない。まるで殺風景な岩石に星全体が覆われたような光景で、月面着陸を果たした際の映像からも明らかに不毛な地であると想像できる。

そんなこともあって、月はすでに死んでしまった物静かな天体というイメージが強い。しかし、その考えが覆されるかもしれない発見が相次いでいることを知っているだろうか。 「月は今も活動中。地球のように動いている。」の続きを読む »

宇宙